後悔した人の失敗例から学ぶ!建売住宅の購入で気をつけておくべきポイントのまとめ!

このサイトでは建売住宅を購入したものの、後悔してしまうこともないように失敗例を取り上げながら、対策やポイントを御紹介しています。
実際の日当たりがどうなのかは、図面やモデルハウスを確認するだけでは正確に確認できないことがあります。
日当たりは良すぎても悪すぎても、生活の質を左右するので繰り返して確認することを念頭におき、アクションを意識することが大切です。
入居後の生活をイメージして間取りもチェックしておきます。

後悔した人の失敗例から学ぶ!建売住宅の購入で気をつけておくべきポイントのまとめ!

建売住宅は注文住宅に比較するとリーズナブルな価格で購入できるというのはたしかです。
それほど間取りやデザインなどにこだわりがなく、価格重視のスタンスであればローコストの建売住宅も選択できます。
しかしいざ建売住宅を購入して生活を開始したものの、後悔することが多いのは住宅性能が劣ってしまうということです。
快適な日常生活を維持したいなら、オプションを購入することで対策をとれます。
ところがオプションを多用すると、結局割高になってしまうというのも後悔の元になるわけです。

絶対に守りたい建売住宅購入の注意点

建売住宅を購入することのメリットは、手頃な値段で手に入れることが出来るところに有ります。
手頃な値段といっても決して品質が悪いわけではなくコストパフォーマンスの高い住宅を手に入れられます。
そんな建売住宅ですが知っておくべき注意点もあります。
トータルで見ればお手頃価格になってますが、中にはオプション設定で別料金になっているものもあります。
全てを含んだ価格が提示されていると、確認せずに勘違いしてはいけません。
後から追加料金がかかり予算を超えてしまうことも考えられます。
契約する前に必ず何が含まれていて何が別料金のオプションになっているのかを確認しなければいけません。
決定の際には金額だけではなく、必要なオプションなのかという点も検討しましょう。
必要な人が少ないからこそオプション設定になっている場合もあるので、大きな額の買い物だからといってどんぶり勘定にならないようにしましょう。
総費用を意識していると小さいな額に感じてしまうこともありますが、慎重に選択する必要があります。

建売住宅を購入して後悔する人のありがちな失敗例

建売住宅は、予め間取りやデザインが決まっている状態であり、一般的に使いやすい間取りや仕様で設計されているものが多いのでそれほど不満が出にくいものですが家庭によっての使い勝手は様々です。
実際に住んでみて後悔する方もいらっしゃいます。
建売で後悔する人の失敗例とは、どのようなものがあるのでしょうか。
例えば、コンセントの数が少なかったり、位置が思った場所になかったりなどして、住んでみた時に家のレイアウトを考えると使いにくかったということもあります。
また、物をため込みやすい方や荷物の多い方にとっては収納場所が少ないこと、クローゼットが狭いことに不満を持つ方も少なくありません。
ウォークインクローゼットに扉がない建売住宅もあったりなどして使いにくいと感じられる方もいらっしゃいます。
自宅に置くもの、収納したいものと実際に建売住宅の収納数や広さは内覧時にチェックしておくと良いでしょう。
施工時のコーキングが甘かったり隙間があったりなどといったこともあります。
後になって外壁に影響を及ぼすこともありますので、内装だけでなく、外壁や玄関回りなど細かなところもチェックしておくことをお勧めします。

メリットだけではないデメリットもある建売住宅

予算を抑えて購入できるなどメリットの多い建売住宅のデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。
建売住宅は、すでに規格が決められた住宅であるため、間取りや広さ、仕様がすべて決められた状態で販売されています。
つまり、後から変更することができません。
キッチンはこだわったアイランドキッチンが良いと希望してもあらかじめ決められた仕様の住宅設備で販売されているので、希望を叶えるにはリフォームが必要になり、リフォームすればそれだけ無駄なコストがかかってしまいます。
また、デザインがすでに決められていますので外壁や屋根の素材を変えたいと言うこともできません。
基本的に建売住宅の外装は似たような外装になることがほとんどですので、個性的な住宅を建てたいといったこだわりのある方には建売住宅は向いていません。
さらには完成した状態で売りに出されていることが多く、基礎や柱などを建築の過程を確認することなく購入しなければならないのもデメリットの一つといえるでしょう。

欠陥ばかりの建売住宅を買わないために活用したい第三者の調査

建売住宅も、購入後にトラブルが発生する可能性を抱えています。
そのため、問題がないか確認する必要があります。
この時、専門的知識を有する第三者に立ち合いを依頼するのが最適です。
建売の品質を確かめるためには、建築構造等に詳しい人物の存在が不可欠と言えます。
素人では見逃してしまう細かい点も、きちんとチェックしてくれます。
第三者検査を行うサービスは提供されており、完成済み物件であればこれで問題がないことがわかってから契約すると良いです。
完成前の物件はそれができませんが、引き渡し時に問題がないかを確認することができますし、問題があれば修補の請求や契約解除をすることができるので、専門家を同伴して内覧会に参加するのが良いでしょう。
時折これを断るような会社もありますが、それは信頼できない会社です。
自信をもって建築する会社では、通常断るようなことはしません。
したがって、事前に確認して断るようであればその会社は利用しない方が良いでしょう。

著者:釘宮遥

筆者プロフィール

佐賀県小城市生まれ。
建売に関する記事を書いています。
小城市で建売を買う