建売住宅は繰り返し見学して日当たりをチェック

建売住宅は繰り返し見学して日当たりをチェック

建売住宅を購入するにあたって、後悔をした理由の一つに日当たり問題が取り上げられることがあります。
やはり住まいは室内が暗いよりも明るい住まいの方が解放的で明るい気持ちになれるものです。
南側にリビングが設けられ、道路が土地の南側にある住まいは、日当たりが良好なのですが北向きの立地などの場合は、良いとは言い切れないので実際に見学に行ってチェックすることが大切です。
例えば近年は1つの土地を区画に区切って分譲として販売されることもあります。
そうすると旗竿地になってしまうこともあり、南向きに建つ住居の後ろ側になる住戸は日陰になりやすくなってしまいます。
特に冬は太陽が低い位置になるので、より日が当たらないことで家の中が暗くなりがちです。
南側に家が建っていても、ある程度庭などを隔てて距離が離れている場合は日差しが入ることもありますので、実際に納得がいくまであらゆる時間帯に見学に訪れると安心です。
建売住宅の向きで考えると南向きが一番おすすめですが、東向きは午前中に日差しが当たりますし、西向きになると日中光が入りやすいですが夏の西日が暑くなる傾向があります。

建売住宅を購入する時に風通しの良さをチェックすることは重要

建売住宅を購入する時にはいくつかの条件をあげますが、その中でも見落としがちなのが風通しの良さです。
風の通らない立地になっていると土台の劣化が早くなりますし、カビの発生を引き起こす恐れもあります。
また、部屋に熱がこもりやすくなってエアコン代がかさむといった問題もあり、実際に建売住宅に引っ越した後の影響が大きくなります。
これは間取りや窓の位置によって変わる部分であり、設計の段階である程度は予測できますが、屋外の環境にも左右されますので、家自体をチェックした後は周りも確認しなければなりません。
例えば、囲むように建物があれば風は通らなくなりますので、いくら窓が良い位置にあっても問題が生じますし、プライバシーを確保するのが難しいと感じるような立地の場合には窓を開けたままにすることができずに、閉めたままにするしかないかもしれません。
ですから、建売住宅を購入する時には様々な視点から風通しの良さをチェックします。

著者:釘宮遥

筆者プロフィール

佐賀県小城市生まれ。
建売に関する記事を書いています。